FC2ブログ





Dai様が今年最後?の「Officeで描画」  を描いて下さいました。


お正月用の 華やかなムードが漂っています。(*^。^*)
今年もいっぱい教えて頂いて有難うございました。
来年も楽しみです。どうぞよろしくお願い致します。



和歌山へ


年の瀬の慌ただしい時期ですが、12/8日に日帰りバス旅行で
秋深まり美しい紅葉渓庭園と和歌山城、道成寺、など名勝や
新鮮な魚介類が盛り沢山の黒潮市場など、紀州路の旅に
行ってきました。11月、12月とお出かけが続いて少々疲れ気味
ではありますが、楽しい行事や旅で嬉しい日々でもあります。



黒潮市場に着きました。




和歌山の地魚や醤油や地酒、銘菓等のお店、又フードコートも楽しい~




マグロの解体ショー




湯浅醤油の会社で工場見学




醤油のソフトクリームを売っていました。 美味しかったです~




安珍・清姫の悲恋物語の「道成寺」へ












和歌山県に現存する最古の寺 天台宗の寺院。




三重塔 の前に 安珍塚(安珍と釣鐘を葬った場所)がある。





次は和歌山城へ  (左側が二の門櫓) 二の門は天守郭への入口となっている。




大天守へと続く、小天守前のアプローチ




天守から二の門櫓(左上)と乾櫓(右上)を望む



帰りは間違って逆方向にきたみたい!? 動物園に入ってしまいました(・・?



しかし動物は見当たらない? と思いきや下の方を覗くと熊さんがいました~!




と、いうことで、慌てて方向転換して、バスの駐車場へと向かい無事みんなと
合流しました。今年もバタバタと落ち着きのない日々が続きましたが、あと、
もう一件、年末に家族旅行の予定がはいっています。まぁ~みんなが元気で
楽しめたら何よりかな~と思っています。しかしお正月前なのに何も用意して
いない~!帰ってきてから後が恐い~何とかなるだろう~かな?:;(∩´﹏`∩);:



大和三山へ


12月6日に奈良県橿原市にある大和三山 (畝傍山、香久山、耳成山)のうち
畝傍山、香久山の二山と神武天皇陵等を近鉄の橿原神宮前から歩きました。

午後からは雨の予報でしたので藤原宮跡を囲むように立つ「大和三山」の
三山はやめて二山(畝傍山、香久山)を早く行くことにしました。

まずは森閑とした橿原神宮の境内を抜けて畝傍山へ。割と早くに山頂へ着く。
金剛葛城連山が見える。この後畝火山口神社(おむねやまじんじゃ)へ行く。

本薬師寺跡、天岩戸神社、香具山へと進み最後は大和八木駅まで
たっぷりと歩き、ゆうに2万歩を超えていました~







橿原神宮





御本宮の少し横の松の大木が見事です。









畝傍山三角点 山頂(199m)




山頂からの景色





金剛葛城連山が見える。





この後下山して畝火山口神社(おむねやまじんじゃ)へ行く





田園風景の中、山茶花がきれいで可愛い!





樹々の茂る中を歩くと突然広い砂利道に出た。ここが神武天皇陵の参道





日本の初代天皇と言われる神武天皇陵





再び田園風景の中を歩き、本薬師寺跡へ





天岩戸神社





香具山への登山口は美しい紅葉にかこまれています





天香久山(香具山)の頂上  152mの低い山です。




香具山の頂上からの眺め





香具山を詠んだ万葉歌 の説明板がある。
舒明天皇が理想的な国づくりが実現するようにとの願いを込めて
詠んだものとされる。遥か千年以上も昔の天皇が大和の国を眺め
たかもしれない同じ場所に立てるのは神秘的で感動です。





香具山の山頂に「国常立(くにとこたち)神社」が祀られています






天香山神社、現在は天香久山の北側に移転していました。





長閑な田園風景のなか 近鉄「大和八木」駅 まで神話の世界に浸りながら
帰路をもくもくと歩きました。皇帝ダリアが所々に咲いてきれいでした。





午後から雨の予報でしたが、3時過ぎからぽつぽつと降ってきました。
朝10時から歩き始めたのですべてゆっくりまわれてよかったです。










行事がびっしり、忙しくも嬉しい時間!


今月はバタバタの日々でした。まず9・10日と 広島へ帝釈峡とリンゴ狩りに行き
その1週間後に、福岡まで行きました。甥っ子の結婚式に出席し、兄、姉そして
その甥、姪っ子たち、私の息子家族に娘家族一同が集まり、賑やかな挙式に
なりました。幸せいっぱいの新郎新婦さん、いつまでもお幸せに!ね~(*^_^*)






新郎新婦にとっては、甥や姪、いとこの子供達に囲まれて、学校の先生状態ですね~!(^^)!








博多駅近くのホテルが挙式会場でしたが、私達は前日にそのホテルで宿泊しました。
兄弟姉妹親類皆で集まれるのも久方で、お祝い御膳を頂き、楽しく嬉しい時間でした。
お昼ごろにホテルに着いたので、皆で太宰府天満宮へタクシーで行きました。数年前
にも来たことがありましたが、もうだいぶ忘れていました。平日でしたが、七五三参りの
人たちや受験生で境内はいっぱいの人で混雑していました。





















挙式を終えた日は、福岡の兄宅に姉たちと泊まり、翌日は久しぶりに来たのだからと
別府の、温泉に連れて行ってくれて温泉のホテルで一泊し翌日は別府の地獄巡りに
タクシーで案内してくれました。私達兄弟は仲がいいので嬉しいです。有難たいです。








ホテルの部屋から見た素晴らしい景色です。





夕食会場では外国人のミュージシャン達が演奏し、華やかで賑やかです。







別府の鉄輪の地獄地帯は千年以上も昔より、噴気・熱泥・熱湯などが噴出し、
近寄ることもできず忌み嫌われた土地で今も温泉噴出口を「地獄」とよんでいる。

海地獄  神秘的なコバルトブルーの池、摂氏98度もある






鬼石坊主地獄  灰色の熱泥が大小の玉状をなして沸騰する様が
坊主頭に似ており鬼石という地名に由来して名付けられた。





かまど地獄  昔、氏神八幡宮の大祭に地獄の噴気でお供飯を
たいた習わしがあったことから名づけられた。 泉温90度











鬼山地獄  鬼山という地名に由来する。 別名 ワニ地獄 大正12年に
温泉熱を利用したワニの飼育を始めた。約70頭を飼育 泉温99.1度





血の池地獄   煮えたぎる粘土は噴気までが赤色。 日本最古の天然地獄
この粘土で皮膚病に効く”血の池軟膏” が作られている。 泉温78度




地球の神秘を実感した地獄めぐりでした。







21日夜に博多から大阪へ帰宅したのですが、なんと! 翌日22日は京都で
高校の関西地区の同窓会があり、もう半年も前から決まっていた行事
なので、それに合わせて帰ってきました。我ながら体力があるな~と感心!


食事会場は 白河院 もとは藤原良房の別荘で、藤原師実の時、
白河天皇に献上され、承保2年(1075)天皇によってこの地に法勝寺が
建立された。 庭園は東山を借景とし、琵琶湖疏水を引き入れた
池泉回遊式の山水庭園です。近くには南禅寺・永観堂・銀閣寺・
平安神宮・美術館等があり、紅葉の南禅寺、永観堂等を散策しました。


白河院 大門









白河院お食事会場のお部屋から美しい庭園を撮りました。






南禅寺 「山門」









南禅寺水路閣





永観堂








紅葉のあまりの美しさに、観光客は皆、写真を写すのに必死の様相です




この1か月ほど、自分でも訳が分からなくなるほどの慌ただしさでした。
でもすべて、クリア?!(笑) 出来て今はホットしています。でもあと
少しで師走を迎えます。 まだまだ多忙な日々は続きます。
健康に気を付けて、頑張りたいと思います。
皆様には長い日記をご覧頂き有難うございました。m(__)m


帝釈峡 と リンゴ狩り


11月9~10日と帝釈峡と リンゴ狩りの一泊バス旅行に行ってきました。
例年、山荘で行われるバーベキュー大会や山菜取りに、参加させて
頂いている山のお仲間に入れて頂いて駅前からバスをチャ-ターしての
総勢20名の豪華旅行です。お仲間の皆様は毎年行かれているそうです。








しかし、リンゴと言えば青森か長野県と思っていましたが
広島県で リンゴ狩りができるとは思っていませんでした。
下の画像は姫リンゴです。







今まで、桃や みかん、ぶどう、梨、いちご狩り 等に行ったことはありますが
リンゴが木に生っているところは 初めて見たので感動!(笑) でした~(^^;)






















リンゴ狩りは、2日目で1日目は帝釈峡の観光でした。駅前から出発して
途中サービスエリアで2度ほど休憩して丁度お昼に帝釈峡公園に到着。
龍神湖畔に佇む 観光ホテル錦彩館で美味しい昼食をいただきました。

その後、龍神湖エリアを40分ほど帝釈峡遊覧船で遊覧巡りしました。
またその後、帝釈峡の雄橋など、上帝釈エリアを散策して、そのあと、
宿泊地 かんぽの宿庄原に着き美味しい料理と温泉に癒されました。









そして何より、紅葉がきれいでした~! 遊覧船に乗りに行く途中
龍神トンネルの上に真っ赤に燃えるようなモミジがきれい!です~















このような船に乗って遊覧しました。















こんなに美しい景色ですが、かって神竜湖遊覧船沈没事故という惨事が
発生しました。1934年3月24日に小学校の卒業遠足の一行42名が遊覧船
に乗船したところ、船が沈没し、児童12名と引率教諭2名が犠牲になった。
犠牲になった引率教諭のうち1名はわが子も乗船していたが、他の児童を
優先して救助したのち、最期は力尽き親子とも亡くなったという。なんとも
痛ましい事故で身を切られるような気持になり思わず手を合わせました。














人造湖とは思えないたたずまいを見せています。



















帝釈峡は、中国山地に位置する広島県北東部の庄原市及び
神石郡神石高原町にまたがる、全長18キロメートルの峡谷。














渓谷沿いに美しい紅葉を見ながら、「神の橋」と呼ばれる
世界三大天然橋のひとつといわれ、国の天然記念物に
指定されている雄橋まで1時間ほど歩いていきました。








鬼の唐門  鬼の唐門は高さ約8メートルの天然橋で、古い鍾乳洞が
崩落して入り口だけが残ったものと考えられている。門の上の方に
「鬼の窓」と呼ばれる4メートルほどの穴が開いている。








「鬼の唐門」の上側の「鬼の窓」と呼ばれる鍾乳洞跡も
帝釈川の支流によって形成されたと考えられている。








(雄橋) 雄橋は河川の水が長年に亘って石灰岩を侵食することによって
形成された天然橋であり、帝釈峡の名勝指定とは別に日本百名橋の一つ







長さ90メートル、幅19メートル、高さ40メートルもある
日本一の大きさを誇る天然の橋







雄橋の足元に小さな石が積み上げられている。この橋を架けたのは
「神様」もしくは、「鬼」ともいわれており、神秘的なパワーを感じます。













雄橋まで約一時間で歩けました。レンタサイクルがあるので遊歩道はかなり
平坦で自転車の人もたくさんいました。この天然橋の上を歩いてみたい~!






広島県の帝釈峡も、リンゴ狩りも、初めて訪れる所ばかりで
紅葉の美しい時期とも相まって素晴らしく感動する旅でした。
お宿でも、まるで修学旅行生のようにはしゃいで仲間たちと
楽しみました。お誘い頂いた皆様有難うございましたm(__)m





お散歩  カルガモとお花






ブロ友さんに教えて頂いてパワーポイントで作品作りの
お勉強をしました。 数枚の画像とムービーメーカーで
作成した動画をコラボしてパワーポイントで作品をつくり
ました。まだたくさん改善すべきところが多くありますが
取り敢えず初めての作品ができました。

お散歩の途中で用水路で遊ぶカルガモや、いつもの
城跡公園では、まだブラシの木の花や可愛い小さな
お花が残っていて頑張ってくれています。

まだまだ未熟なパワーポイントでの作品ですが、これからも
頑張っていろいろと、いっぱい挑戦したいな~と思います。
 (~_~;) (#^.^#)



てすと お散歩


テスト

フラッシュ~GIFへ





われもこう







Dai さまが Wordでイラストを描いてみましょう!  から

「われもこうありたい」 派手さはありませんが,卵形がかわいらしい
素朴な花と 海に移る「月」を描いてみました。
と、素敵なお絵描きをUPして下さいました。

いろいろな手法や、アート効果を駆使して素晴らしい作品が
出来上がっていくのは楽しいですね~

大好きなお絵描き今回も早速チャレンジしました。
ありがとうございます! m(__)m



保津峡ハイキング


10月13日 保津峡~清滝~嵐山へハイキングに行きました。素晴らしい晴天の
まさにハイキング日和でさわやかで気持ちの良い一日を満喫堪能しました。




JR保津峡駅です。ここは鉄橋の上が駅になっていて、面白い駅で
駅舎、改札口に出るのには、橋の下をくぐっていく通路があります。


  



鉄橋の上から見下ろす保津川、綺麗なグリーンの川の色がきれいです。






ここはトロッコ保津峡駅です






亀岡から嵐山までの渓谷を2時間で下る保津川下りです。 春は桜、秋は紅葉
冬は座敷暖房船と四季折々の楽しみがあります。 次々と船が下ってきます。







落合橋と落合隧道







落合(米買道)この道は清滝の土地が稲作する場所が少ないので
水尾などに米買いや、村人の生活物資も運んで利用した大切な道







嵯峨鳥居本  愛宕神社の一の鳥居   化野念仏寺を境に瓦屋根の
町家風民家が並ぶ下地区と茅葺きの農家が多い上地区と二つの風景が共存する






まゆ人形のお店。小さなまゆ玉ひとつひとつの形を生かし、猫やフクロウを
モチーフにしたまゆ人形はどれも優しい手触りで愛らしい表情をしている。







保津川峡と支流の清滝川の出会 う場所や流木にさえぎられて通れなくなった
山道、ロープを伝ってすべらないように必死で下った岩場等スリル満点でした(笑)

でもその岩場から可憐な花がさいているのを見つけて癒されたりドローンを
飛ばしている人がいたり色々な発見があったりして楽しいハイキングでした。






嵯峨野路では瀬戸内寂聴さんが開いている寺院、曼陀羅山 寂庵 と
隣の瀬戸内と表札の出ている樹々に囲まれている自宅へ寄ってみました。

「写経の会」・「法話の会」 を定期的に開催しておられるようですが、
9月より庵主の高齢に伴い寂庵だよりも廃止とのお知らせがありました。

行程はJR京都~JR保津峡駅~落合橋~清滝~鳥居本~嵯峨野~JR嵐山駅へ
JR嵐山駅からJR京都駅へとたどり着きました。今回もたくさん歩きました。


歩数計をスタートさせてなかったのですが相当な距離を歩いたことは確かです。 
気候も良く久しぶりに充実した爽やかな気持ちで歩けて楽しかったです。(^_^)v





プロフィール

shinko

Author:shinko
 Shinkoのブログへ
   ようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


フリーエリア
フリーエリア

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR