茶源郷 和束


京都の宇治茶の生産地として有名な和束(わづか)町へ 17日、ハイキングに
行きました。JR加茂駅から歩きました。茶源郷といわれるように町全体
に茶畑が点在している。 抹茶を使ったスイーツなどが 楽しめるという
天空カフェへ 登りつきましたが 事前に 予約が必要だったので、外から
見学しました。ここからは和束の絶景が楽しめました。茶畑を歩く途中に
和束川を覗きこむように優しい眼差しの弥勒魔崖仏がそびえています。

茶畑の中に包まれた瓦屋根の集落、民家の間の小道を歩きながら感激!
日本で最も美しいこの 茶畑眺望は2015年に日本遺産に認定されました。























































































大きく成長したカルガモたち


大きく成長したカルガモ達 もうお母さんと同じくらいの大きさに
成長しました。でも仕草は まだまだ お母さんにベッタリで甘えて
いますが、  時々、羽ばたきの 練習を している 時があります。
寂しくなりますが、もうすぐ親子で飛び立っていくのでしょうね~










sachi様の 時々気儘に作る枠Ⅱ シリーズ W1110にチャレンジしました。
まだ粒々の作り方は理解できてなくて勉強不足ですが、面白い外枠に
魅了されてねじり枠にトライしました。sachi様いつも有難うございます。


ねじれ枠w1110

モッコウバラ








Dai 様の  一重の 「 もっこうばら 」 が描けました。

又々、新しい技で図形が変化してゆく面白さに取り込まれています。

楽しいお絵描きができました。 Dai 様有難うございます。m(__)m



熊野古道と谷瀬の吊り橋


昨日10日の(土)に世界遺産熊野古道と日本一の谷瀬の吊り橋へ
日帰りバスツアーに行ってきました。快晴で天気がよく 最高でした。
バスの集合場所も市の総合センター前で便利が良くラッキーでした。







1時間ほど バスで走ると柿の葉寿司の店に着き、お昼弁当に
客に配られました。昼頃バス車内でいただきました。オイシイ!





また1時間少し走ると 吊り橋が見えてきました。全長297ⅿ・高さ54ⅿ
で、 生活用鉄線の吊り橋として 長さ日本一の谷瀬の吊り橋です。





眼下には清流・十津川が流れており美しい景色が広がります。
が…今はあまり川の水は少なかったです。





でも高さ54ⅿから360度大パノラマの絶景空中散歩は最高~!です





風も少しあり、ユラユラゆれます。 
あ"~と声にならない声もでて~ :;(∩´﹏`∩);:
でも渡りきり、 また、戻ってきましたよ~






この後、熊野古道へと向かう途中、新緑の山の樹々と
やさしい緑色の 池の水がとても美しくて感動です~





熊野本宮大社大鳥居に着く。掲げられた八咫烏(ヤタガラス)の旗は日本神話で
神武天皇を大和の橿原まで案内したとされ、導きの神として信仰されている。




入り口参道鳥居と表参道の階段へつづく。






立ち並ぶ「熊野大権現」の 白旗と 階段が印象的です。







神門を通りすべて158段の石段参道を登ると本殿です。






神門をくぐるといよいよ本宮大社です。主神の家津美御子大神(ケツミミコノオオカミ)
熊野十二所権現を祀っている 檜皮葺きの古色蒼然とした社殿が建っています。    






檜皮葺きの社殿は国の重要文化財に指定されています。参拝する人々が
列を作り並んでいました。私も集合時間を気にしつつ並んで参拝しました。 





祓殿王子 跡─(はらいどおうじあと)大社裏にある。大社に
参拝する前に、祓い清める潔斎所だったとみられています。





熊野本宮大社はかつて、熊野川・音無川・岩田川の合流点にある
「大斎原(おおゆのはら)と呼ばれる中洲にありました。
神が舞い降りたという大斎原は近年はパワースポットとして
多くの人が訪れています。





大斎原は、現在の熊野本宮大社から500mほど離れており、熊野本宮大社から道路を
隔てて大鳥居(高さ約34m、幅約42m)が見える。 その背後の森が大斎原です。





日本サッカー協会(JFA)のマークは「八咫烏」です。 大斎原大鳥居にある
熊野神話の八咫烏も加味した上、太陽神話の三本足の烏をマークにしたとされる






産田社(うぶたしゃ)熊野本宮館の裏手のある。八百万の神々をはじめ、
総てを産みだされた「産土(うぶすな)」の神と崇められている
伊邪那美尊(イザナミノミコト)」をおまつりしています。




世界遺産に登録されている熊野古道はかって、『中辺路(熊野・田辺~熊野本宮大社)』
のウォークコースを歩いたこともあります。今回はツアーなので時間の制約もあり忙しい
歩きではありましたが、新緑の熊野古道を 中世日本最大の霊場の聖地、熊野詣で
大勢の人々が思いと願いを込めて歩いた祈りの道を、私も再び歩けて感激しました。



MYスケジュール帳 作成




先日高槻ボラパソでスケジュール帳をワードで作成の講座を受講しました。
ノートをめくるように展開してゆき、両面印刷をかけるので、4月の次は
5月というふうにはならず、頭を抱えることになりました。…が先生方の
きめ細かなご指導で、皆んなスムーズに完成させることができました。

 



帰宅して後日 復習をしようと テキストを見始めたら、なんと 初めから全く
意味がわかりません。そこで6月の第一土曜日の無料相談会に行きました。
ちょうど教えて頂いた先生方もおられて、また丁寧な説明をして頂きやっと
理解できました。私のパソコンはWindows10なのでそこの違いもありました。






自分用と女の子の孫達にもネーム入りで作ってあげました。
喜んでくれるかな~  今の子供たちはスマホをつかうので
手帳はあまり使用しないかもしれません。






そして私は無謀にも、オリジナルのアドレス帳もチャレンジして作成しました。
できたときは 我ながら感動しました。 ヽ(^。^)ノ






好みの画像から 表紙を飾ってオリジナルの スケジュール帳が完成して
嬉しいです。 毎年お正月に千円前後の手帳を買い求めていましたが、
来年からはオリジナルのスケジュール帳にチャレンジしたいと思います。






この手帳を作成するにあたっては、そう この タテ・ヨコ ホッチキスを
お店で探すことから苦労?しました。中綴じ用にくるっと回せて、筒綴じ
箱づくりにも最適です。






孫たち用に、お着換えの表紙も つくってみましたよ~ ('◇')ゞ

見て頂き有難うございました。  (*^_^*) m(__)m




Sachi様の きれいな輝き枠



w103














Sachi様のJtrimで作る 時々気儘に作る枠Ⅱを拝見して、「あらぁ~きれい!」
と思わず口に出たのが「ブレで作る輝きの枠」でした。そしてすぐにチャレンジ!
最近はさぼり気味で上手くできるかな~と不安でしたが乱暴に作ってしまいました。

面白い粒粒も初めての体験です。いい加減な出来映えなのにUPしちゃいましたが
「便利グッズ一覧」に詳しく記載して下さっているので、再度チャレンジしたいです。

Sachi様 ありがとうございます。m(__)m     



カルガモ親子の成長記録


散歩途中に 用水路の カルガモ親子に出会ってから
今日はあえるかな~?と毎日楽しみになりました。

母ガモの細やかな愛情で日々成長してゆく子ガモ達の
姿に心うたれます。 私達人間様も 見習うべきことが 
沢山あるように思います~。今からでも反省と努力!


一緒にお昼寝カルガモ親子




カルガモ親子のお食事タイム




羽づくろいするカルガモ親子




優しくて頼もしい カルガモの母さん









大原三千院



三千院の境内には、明るい

木漏れ日の中 琵琶を奏でる

弁財天さまがたっています。

弁財天さまは芸術や文学、

音楽の神として

信仰されています。


画像をクリックして
スライドショーをご覧ください








京都大原三千院



5月21日、日曜日京都大原へハイキングに行ってきました。はじめは
瓢箪崩れ山コースで清流をさかのぼり自然林の中を岩倉、花園への
予定でしたが文字どうり崩れ山で分岐点で道が崩れ危険だったので
途中引き返し、大原三千院まで行くことにしました。でも杉木立の中
清流のせせらぎと鳥の声に癒され人気のパワースポット「三千院」に
行けたのもラッキー(^^♪ でした。
ボタンに マウスオンで、写真が縦、上下にスクロールします

さくら様のソースをお借りしましたm(__)m








大原の里 三千院へ

<



瓢箪崩山へ、山上手前の分岐点で道が崩れて迷いました。山頂近くでしたが
途中で引き返しました。でも杉木立に沿って清流があり気持ちよく歩けました。




三千院へ向かうことにした。大原の里の棚田は秋には黄金色の稲穂
冬には雪棚田など年間を通して美しい山里の風景が見れます。



大原女の小径で「京都大原三千院、恋につかれた女がひとり~」と
うたわれた「女ひとり」の歌碑がありました。




三千院御殿門




客殿の縁側から撮った聚碧園です。




縁側に座り、苔が美しい静かな庭園では
つい時間を忘れて眺め続けてしまいます。




宸殿から2つ目の庭園、有清園へと出る





往生極楽園の本堂で、金色に輝く阿弥陀三尊像(国宝)の
お姿があり、お坊様の有難いお経を聴きました。



往生極楽園から有清園に出る




往生極楽院の裏手の、可愛い“わらべ地蔵さん”に癒されます。




朱雀門




観音堂



<
< <


プロフィール

shinko

Author:shinko
 Shinkoのブログへ
   ようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


フリーエリア
フリーエリア

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR