那智勝浦へ






2月5~6日に勝浦・熊野那智大社へ一泊の温泉旅行へ
行ってきました。 勝浦へは数年前にも行きましたが
那智大社への沿道のお土産屋さんも少なくなっており
少し寂しい景色でした。しかし那智大社は青岸渡寺と
共に熊野信仰の中心で世界遺産にもなり、さわやかな
空気に包まれた気持ちよい散策ができました。温泉と
美味しい料理を味わえて一泊ですが楽しい旅でした。
画像をクリックしてスライドショーをご覧下さい m(__)m



熱田神宮へ


<

生憎雨の参拝となったが 三種の神器の一つ草薙剣を祀った 熱田神宮の 荘厳な木製の鳥居をくぐる
<<<<<<<<<
前へ 再生次へ






<

神札・御守・おみくじ授与所はどこも混雑しています
<<<<<<<<<
前へ 再生次へ




1月8日に 熱田神宮 開運詣と 伊勢湾一望のパノラマと海の成分が
じっくり溶け込んだ温泉と 新鮮な魚介に舌鼓の旅で至福のひと時を
過ごしました。8日はあいにく雨の一日となりましたが熱田神宮も、
何時もは 混雑する 拝殿まで もスムーズにいけました。 お正月は
家族 皆んなで集まり、賑やかに楽しく過ごしましたが、身体は少々
疲れが出始めていましたので、骨休みにゆっくりさせて頂きました。
今年もゆっくりと頑張ろう~(笑)と思います。よろしくお願いします

<(_ _)>



秋満喫の吉備路へ


<

岡山に入り、バスの車窓から眺めた景色。紅葉した山々ときれいな川が印象的でした  
<<<<<<<<<
前へ 再生次へ



21日に日帰りバス旅行で岡山城と後楽園、湯郷温泉へ
出かけ、美しい秋の吉備路の旅を楽しんできました。

「徒然なるままに 」の maru0518様が自然の風景等をどんぐり様の
表示ソースで紹介して下さっていて、いつも楽しく拝見しています。

私も以前Gooブログを利用しているときに、どんぐり様のブログから
勉強させて頂きソースをお借りしてスライドショーなどをチャレンジして
楽しんでいましたがGooブログがスクリプト等のサービスを終了して
からはFC2ブログに変え、いつかスライドショーのソースも使用しなく
なっていました。今回はmaru0518様のソースをお借りして岡山の
旅をスライドショーにてトライしました。 有難うございました m(__)m
 




台湾縦断の旅 3


台北の十分老街で天燈上げを楽しんだ様子を
動画に撮りましたのでご覧下さい。


















このあとは、バスで 九フン観光へ向かいました。ここ九フンでも
何故か懐かしい場所のような気持ちになりました。 ここは

日本統治時代に金鉱山として台湾有数の栄華を極めたが、その後
主要鉱物だった金と石炭の生産量が減り続け、1971年に閉山しました。

衰退の時から再び注目されたのは1989年。台湾映画「非情城市」の舞台と
なり観光地として人気が高まったことと、さらに日本では宮崎駿監督が
映画「千と千尋の神隠し」の着想を得たということで噂が広まり人気がでて、
レトロな街並みに似合う茶芸館やカフェが軒を連ねていったそうです。





バスを降りると香川県琴平町と書かれた大きな案内板に驚きました。
日本の香川県琴平町(金比羅宮)と九フンは共通点として、多くの観光客が
訪れる 観光地であり、石段 の両側 に多くの 土産物店や飲 食店が
立ち並んでいるところから、姉妹都市の協定締結をしているそうです。

国際交流事業の取り組みとして 子どもたちが交流を通じて国際感覚を
身に付 けていけるように、新北市立瑞芳国民中学と町立琴平中学校も
姉妹校協定を締結しています。9月の末に琴平町に行ったところなので
余計にびっくり!です。 しらなかった~ (^▽^;)






 

ここから階段を上がっていきます。やはり金比羅宮への階段を思い出しますね~






だんだん外が暗くなり、観光客が増えてきた九フン老街の道は、非常に狭く、
混み合っており、階段も多いため足元に気をつけて歩きました。







昼間の景色も綺麗ですが、やっぱり夜は提燈の明かりがなんとも
美しいです!  夜の九フン散策を勧められたのも納得です。







千と千尋の神隠しの湯婆婆 の屋敷のモデルになった
「阿妹茶酒館」の提燈の灯りが独特な雰囲気を醸し出しています。







ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の温泉街のイメージとして使われたことで
有名になった九份散策は映画のシーンがよみがえるようです。







階段をのぼって上まであがりきったところは「新北市瑞芳区九フン国民小学」
という小学校がありました。

幻想的で郷愁も感じた九フン散策は山間部であるために、天候が不安定で、
雨がかなり強く降ることが多いとの情報でしたが天気にも恵まれて堪能しました。


そして次はバスで台北へ、夕食は有名店の「金品茶楼」にて
小籠包など点心料理をいただきました。 ご馳走様でした。






店の前の道路は昼夜ともにオートバイの駐車が多いです。







有名店の「金品茶樓」に着きました。人気メニューは「小籠包」です。







「小籠包」を含む、美味しい点心料理を堪能しました。有難うございました。

3日目の観光も無事終わりました。明日は台北市内の行天宮へ行きます。












行天宮(ぎょうてんぐう)は、台湾の台北市中山区に位置する関帝廟です。
廟の前は多くのバイクの通勤者が走っています。







中に入ると大勢の熱心な信者さんが一心にお祈りをしている姿にちょっと緊張しました。







お参りが終わると、次はおみくじを引きます。その前に三日月形の2個の
赤い木片(聖)を神の意向を問うために手の中から上に向けて放り、ポトッと
地面に落とします。  表・裏 が出ると神様のOKを頂いたことになります。
裏・裏が出るともう一度やり直しで、表・表が出ると神の否定を表しています。







私も皆の真似をして、2個の三日月型の木片をポーンと落としてみました。
なんと!めでたく?!表と裏が出ました。なんとなくいい気分になりました~








廟の南西側の民権東路と松江路の交差点の下にある地下道は「行天宮商場」と
呼ばれる、20軒余りの占い師が軒を並べる観光名所になっており、地元でも、
多くの日本人が訪れる場所として知られています。






ここでは、本場の占い師さんによる本格的な占いができます。






これで観光はすべて終わりました。あと民芸品店や、茶店でショピングをして空港へ、
帰国の途へとなりました。空港までのバスの車窓からもいろいろな寺院がみえます。
台湾の人々は熱心な信仰心をもった方が多いのだろうと思いました。







今回の旅も沢山のひとたちと出会い、異国の景色や現地の人々の
生活や風習などいっぱい知ることができました。






いつも飛行機から町や海の上、山頂の景色を見れるのが楽しいです。

前回、台湾を訪れたのは、もう25年以上前になります。その時は
国立故宮博物院などをまわりました。お土産に台湾特産の大理石の
表札を購入し、今も我が家の玄関門の右に付けています。

懐かしくて、また新しい台湾縦断の旅ができて嬉しかったです。
感謝です。 有難うございました。


皆様には、今回もまとまりのない旅日記をご覧下さり有難うございました。

<(_ _)> (^^)/



台湾縦断の旅 2


旅の3日目、10/23 朝早くホテルを出発して台中市の「彩虹眷村」
通称「虹の村」と呼ばれる場所に行きました。






















「彩虹眷村」は、もともと中国の国共内戦で国民党として共産党軍と戦った
退役軍人の方々と 家族が住んでいる場所でしたが、村も建物も老朽化し
空き家も増え、この場所は取り壊して再開発しようという動きがありました。

そんな時、この村に住む一人のおじいさんが、村の家の壁などに絵を描きはじめて
その絵はどんどん広がっていき、やがて村一面にカラフルな絵が描かれました。
それが噂を呼び、人が見物に来て、観光地になり、ついには再開発の話もなくなった
そうです。才能あるおじいさんの絵と力はすごいな~!と思いました~ (^o^)丿








その後、台湾新幹線にのり、台中から台北へ約1時間の旅でした。





















新幹線の車内で昼食の鶏弁当とお茶を頂きながら外の景色を楽しみました。










台北に着きました。バスにて移動し、免税店でショッピングを楽しんだ後
私たちも 天燈上げを楽しむために、十分 (シ-フェン) へ行きます。





駅前に並んでいる黄色い車はタクシーです。






おっ、十分老街につくと、もう大型ランタンが空に沢山舞いながら飛んでいきます






天燈とは熱気球の原理を用いた大型ランタンのことです。ランタンには
筆で願い事を書きます。私は親族一同皆が健康で幸せに暮らせます
ようにと書きました。ランタンの色によって叶う願いが変わるそうです。





赤 : 健康、安全  黄 : 金運  青 : 商売繁盛  紫 : 合格祈願
ピンク : 恋愛運、家庭円満    緑 : 平和  だそうです。






願い事が複数ある人は、ランタン1つに4色まで色を付けることができます。
価格は、単色ランタンが 100NTドル、4色ランタンは 150NTドルだそうです。






一番驚いたのは天燈上げする所は線路の上だということです。
ランタンを飛ばす際には電車が 来ないタイミングで線路まで
出てランタンを飛ばします。 びっくり!

あっ!電車がきましたよ~!  日本では考えられませんね~






あれほど沢山の人たちがいたのに、皆んな素早く線路上から去りましたね~
私も慌てて線路上から逃げましたよ。 電車の速度も落としているようですね?






十分老街は平渓線の線路を挟むように店が連なっていて、線路と 店の隙間は
1メートルもありません。飲食店、工芸品店、ランタン屋、などが並んでいます。






赤色は 健康、安全運 のランタン






ピンクは 恋愛運、家庭円満 のランタン






 青 は商売繁盛 のランタン  みんな、お願い事が叶うといいね~ ヽ(^o^)丿 






土産屋の店先でランタンを売っている可愛い店員さん、写真をお願いしたら
ピースしてくれました。こちらの人たちもみんなフレンドリーです。 (^^♪

初めて体験した天燈上げ、面白くて楽しかったです。 この後、これから
九フン観光へ向かいます。もう着く頃にはうす暗くなっているのでは?と
思いましたが、それがよかったことが九フンに着いて分かりました。

今日はここまでで日記を終えます。 旅日記の続きは ぼちぼちと
書きますので、その節に又  ご覧いただけたら幸いです。 <(_ _)>



プロフィール

shinko

Author:shinko
 Shinkoのブログへ
   ようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


フリーエリア
フリーエリア

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR