金沢兼六園へ


兼六園

先日金沢の兼六園へ行ってきました。以前来たのはもう忘れるくらい前になります。
兼六園を代表する景観のことじ灯籠(脚が二股になっており、琴糸を支える琴柱に
似ていることから名付けられた ) と霞ヶ池は以前の姿と全く変わりありません。
冬季、雪が付着することで、樹木の枝が折れないように縄で枝を保持する雪つりも
見事ですが  楓やケヤキなどが集まっているエリアは 少し紅葉しかけており四季
それぞれに美しい庭園です。

また純金箔製造処 箔座本店へ 店内には最高級の金箔を約4万枚を使って
豊臣秀吉の黄金の茶室を再現しています。また箔打ちの実演や製造工程も
見学できました。 金箔を使った工芸品から アクセサリー、小物、食品や
化粧品まで色々な、純金箔の魅力を活かした品々があるのには驚きでした。


金沢城

金沢城の石川門(いしかわもん)は兼六園に向かい合って建っており、
かっては搦手門(からめてもん)と呼ばれる裏門でした。 2層の菱櫓と
複数の門が組み合わされた枡形(ますがた)と呼ばれる複雑な構造に
なっており、敵が進入してきたときに勢いを鈍らせる目的で設けられた
ものです。 白く見える屋根瓦には鉛を使用。溶かして鉄砲弾に作り
変えるための工夫だったとも言われています。

宿は片山津温泉に泊まりました。美味しい料理と気持ちよい温泉で
のんびり安らげて癒されました。が、旅から帰阪後、思いがけずに
急な雑用が入り、実家に帰宅したりと慌ただしい日々が続きました。
やっと自宅に戻りましたが、まだまだ雑用が控えています。元気で
動けることは有難いことだと思い、しばらくは 又ブログ更新はゆっくり
タイムとなりそうですが訪問頂ける皆様には よろしくお願い致します。


プロフィール

shinko

Author:shinko
 Shinkoのブログへ
   ようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2016年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


フリーエリア
フリーエリア

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR