FC2ブログ

帝釈峡 と リンゴ狩り


11月9~10日と帝釈峡と リンゴ狩りの一泊バス旅行に行ってきました。
例年、山荘で行われるバーベキュー大会や山菜取りに、参加させて
頂いている山のお仲間に入れて頂いて駅前からバスをチャ-ターしての
総勢20名の豪華旅行です。お仲間の皆様は毎年行かれているそうです。








しかし、リンゴと言えば青森か長野県と思っていましたが
広島県で リンゴ狩りができるとは思っていませんでした。
下の画像は姫リンゴです。







今まで、桃や みかん、ぶどう、梨、いちご狩り 等に行ったことはありますが
リンゴが木に生っているところは 初めて見たので感動!(笑) でした~(^^;)






















リンゴ狩りは、2日目で1日目は帝釈峡の観光でした。駅前から出発して
途中サービスエリアで2度ほど休憩して丁度お昼に帝釈峡公園に到着。
龍神湖畔に佇む 観光ホテル錦彩館で美味しい昼食をいただきました。

その後、龍神湖エリアを40分ほど帝釈峡遊覧船で遊覧巡りしました。
またその後、帝釈峡の雄橋など、上帝釈エリアを散策して、そのあと、
宿泊地 かんぽの宿庄原に着き美味しい料理と温泉に癒されました。









そして何より、紅葉がきれいでした~! 遊覧船に乗りに行く途中
龍神トンネルの上に真っ赤に燃えるようなモミジがきれい!です~















このような船に乗って遊覧しました。















こんなに美しい景色ですが、かって神竜湖遊覧船沈没事故という惨事が
発生しました。1934年3月24日に小学校の卒業遠足の一行42名が遊覧船
に乗船したところ、船が沈没し、児童12名と引率教諭2名が犠牲になった。
犠牲になった引率教諭のうち1名はわが子も乗船していたが、他の児童を
優先して救助したのち、最期は力尽き親子とも亡くなったという。なんとも
痛ましい事故で身を切られるような気持になり思わず手を合わせました。














人造湖とは思えないたたずまいを見せています。



















帝釈峡は、中国山地に位置する広島県北東部の庄原市及び
神石郡神石高原町にまたがる、全長18キロメートルの峡谷。














渓谷沿いに美しい紅葉を見ながら、「神の橋」と呼ばれる
世界三大天然橋のひとつといわれ、国の天然記念物に
指定されている雄橋まで1時間ほど歩いていきました。








鬼の唐門  鬼の唐門は高さ約8メートルの天然橋で、古い鍾乳洞が
崩落して入り口だけが残ったものと考えられている。門の上の方に
「鬼の窓」と呼ばれる4メートルほどの穴が開いている。








「鬼の唐門」の上側の「鬼の窓」と呼ばれる鍾乳洞跡も
帝釈川の支流によって形成されたと考えられている。








(雄橋) 雄橋は河川の水が長年に亘って石灰岩を侵食することによって
形成された天然橋であり、帝釈峡の名勝指定とは別に日本百名橋の一つ







長さ90メートル、幅19メートル、高さ40メートルもある
日本一の大きさを誇る天然の橋







雄橋の足元に小さな石が積み上げられている。この橋を架けたのは
「神様」もしくは、「鬼」ともいわれており、神秘的なパワーを感じます。













雄橋まで約一時間で歩けました。レンタサイクルがあるので遊歩道はかなり
平坦で自転車の人もたくさんいました。この天然橋の上を歩いてみたい~!






広島県の帝釈峡も、リンゴ狩りも、初めて訪れる所ばかりで
紅葉の美しい時期とも相まって素晴らしく感動する旅でした。
お宿でも、まるで修学旅行生のようにはしゃいで仲間たちと
楽しみました。お誘い頂いた皆様有難うございましたm(__)m





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shinko

Author:shinko
 Shinkoのブログへ
   ようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


フリーエリア
フリーエリア

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR